« 避妊手術 | トップページ | Capriカレンダー2007 »

2006.11.07

無事・・・

カプリの避妊手術が無事終わりました。

カプリの様子は・・・・

元気がありません


・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・






迎えに行った時からわたしにべったりはり付く様に、くっついて離れません。

家に帰って来ても、いつもならバァバが何かくれるのか?と、バアバの側にいるのに、あたしがどこへいくのも付いてきて、トイレまで一緒です。

まるでストーカー犬です。

きっと・・不安なんだろうな。

知らない病院にいきなり置いていかれて、手術されて、終わったら、なんだか痛いし・・・

また、置いていかれるとか・・・不安なんだろうな。

確か前初めて手術して帰ってきたときも、すごいいい子で大人しかったもんな・・・

麻酔が切れたらいたいっていうし、考えてみたら、そりゃ痛いよね?

カプリのお腹には10cmほどの傷のあとがあります。

お腹切って、縫ったんだもん。

そりゃ痛いよね・・・・




そんな痛い思いをさせて、どうして避妊手術をするの?

何をするの?

って感じですよね。 

詳しいサイトがあったのでちょっとご紹介します。

避妊手術

この手術はおなかを切開して卵巣・子宮を取り出します。早期にこの手術をすることで、比較的多発する「悪性腫瘍の乳ガン」にかかる心配もほとんどなくなります。また、子宮蓄膿症・子宮内膜炎等子宮に関する病気がすべてなくなります。そして発情がなくなりますので、鳴き声がうるさくて眠れないということもなく妊娠の心配もなくなります。

避妊手術をする最適な時期は生後5-6ヶ月頃と言われていましたが、実際は生後6-14週間で可能です。(早期避妊手術の項目を参考)よく避妊手術をすると太って動作が鈍くなると言われますが、これはよくある誤解で太りすぎはカロリーの取りすぎなのです。手術のせいで太るのではありません。また避妊手術は知能や気性にも影響しません。

早期不妊手術が発案された背景にはペットの増加問題がありました。つまり、去勢・避妊手術をしていないペットから望まれない子供がたくさん生まれ、安楽死もやむなしという状況があったのです。そうした状況を解決する有力な1手段として、早期の去勢・避妊手術が発案されたわけです。

って感じです。

まぁ避妊手術するかしないかは、その病院の先生または飼い主さんの考え方によって人それぞれです。

子宮や卵巣を人口にとってしまうことは、自然の摂理に逆らうことだし、それはそれで他の病気にかかりやすいという考えかたもあります。

一般的に避妊手術をすると太りやすくなるという説もありますが、活動性が低下することによる運動不足が原因で、適切な運動と食事管理に気をつければ心配はないそうです。

みんな大切なワンちゃんのことですから、いろいろ考えて判断するのでしょうね。

さて、術後についてですが・・・

しばらくは安静にして、他のワンちゃんと遊ばせないようにいわれました。→元から遊びませんが・・・

方法によって違うと思いますが、ここの病院では解ける糸で縫っているため、抜糸は必要ありません。

傷口がとても赤くなったり、腫れたりしなければ1週間後に傷口の具合を見せに病院に連れて行けばいいそうです。

まぁカプリにとってはこれで3回目の手術。

気が付けば・・・・7ヶ月の間にカプリは3回も手術してるんだよ。

そりゃ、精神的にも肉体的にも負担はかかっているだろうよ。

またしばらくはカプちゃん愛護週間として、できるだけべーーーーたっり愛してあげようと思います!




ちなみに・・・・

市町村によって、ペットの避妊手術の対する助成金が出るところがあるようです。

ちなみに世田谷区は猫の避妊しかでないようです。( ̄s ̄; チェッ

|

« 避妊手術 | トップページ | Capriカレンダー2007 »

コメント

ほんとさー まだ子供なのに
そんなに手術するって大変だよ
エライっエライっ(T-T ))
今度いっぱい可愛がってあげよーっと

投稿: TMK | 2006.11.07 15:10

CAPお疲れ様。
男の子と比べると女の子は傷が大きいよね。
それに出産のことも考えるとやっぱり女の子の方が負担が大きい!!
私も容易に繁殖を考えちゃいけないとtdの出産を経験して改めて思ったよ。

投稿: tdmama | 2006.11.07 15:21

>tmk
ほんと!!今度いっぱい嬉ションタイムしてあげてね!

>tdmama
でもtdmamaはえらいよ!
ちゃんと貰い手も考えて、tdのことも考えて出産の道を選んだんだから。
やはり、かぷりも子供をつくって・・・っていうのが女として一番の道のはずだもん。
でもさぁ、かぷりが出産ってなんかキモイよね→ひどい飼い主よね・・・

投稿: capmamat | 2006.11.07 16:33

そういう事情があるんだね。勉強になりますた!
そんで、区によってやっぱり違うのかアー
なんで世田谷区は助成金対象が猫だけなんかね?
やっぱり犬を飼う人が多すぎるからかな?

投稿: hiromi | 2006.11.07 17:59

>HIROMI
ほんとそうみたいね。
23区はほとんど対象が猫のみ。
田舎の方にいくと、わんちゃんの避妊で8000円くらい国からもらえるんだって。
やっぱ田舎に住むといいなぁ・・・

投稿: capmamat | 2006.11.07 19:57

↑↑そんなことで田舎がいいのかヨッ ε=o(`ω´*)o

でもさ、「避妊手術は知能や気性にも影響しません」てあるけど、そうなの?
避妊手術すると頭が変になっちゃうって聞いたことあったから心配だったけど…。

投稿: chi☆aki | 2006.11.07 21:16

暫らくblog見ないうちにカプリったら
三回も手術してたんですね~。
はい!質問。
なんかカプリのおでこ?って
M型がすごく強調されてる感じだけど頭も毛が長いの?
今度うちのデカマルと良ければショコラ(tdの子)と遊んで
やってくださいな。

投稿: ちょむ | 2006.11.07 23:57

>aki
頭が変になっちゃうって・・・・(。・_・。)ノ
akiも避妊手術したから頭が・・・・・???

>ちょむ
ちょむって誰やネン!って考えちゃったよ。
カプリのM字開脚のことですか????
それわたしも考えてるの。
どこの毛のせいでM字になるのか・・・・
この前なんて病院で、『このこは眉毛をかいているんですか?』って普通にしつもんされたよ∑(_(工)_;)サカサガビーン!!
デカマルあいたいあいたい!!
みんなで。∠(*゚∇゚*)☆メリークリスマス☆└*・ェ・*┘会しない???

投稿: capmama | 2006.11.08 22:07

カプちゃんがんばったんだね。
capmamaも大変だったね。
落ち着いたら是非是非、カプちゃんと遊びたいな。

投稿: zuko | 2006.11.09 17:53

手術お疲れ様!
カプリほんと頑張ったね!!
カプリの不安が少しでも解けるように
いっぱいいいぱい愛情注いであげてね♪

投稿: ミホ | 2006.11.09 22:37

>zuko
ひさしぶりん!
もうカプはすっかり元気になったよ。
いつでも遊びに来てちょ!!

>ミホちん
ありがとう!!
エルはその後ご懐妊はどうだったのかな???
出来ているといいね!

投稿: capmamat | 2006.11.10 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41411/4094626

この記事へのトラックバック一覧です: 無事・・・:

» 世界最速のコンドーム装着。 [エロスな動画【youtube】]
こんなに素早くコンドーム着けてみたいもんです。3秒ぐらいですか?実質1秒?しかし、まっすぐにオッキするのか?? [続きを読む]

受信: 2006.11.09 17:47

» メンタルヘルス 過換気症候群とは [うつ病症状メンタルトレーニング-うつ病症状の克服-]
「メンタルヘルス 過換気症候群とは」 過換気症候群とは、精神的な不安によって過呼吸になり、その結果、手足や唇の痺れや.... [続きを読む]

受信: 2006.11.11 12:09

» 摂食障害とは [摂食障害]
摂食障害とは、神経性食欲不振症(拒食症)と神経性大食症(過食症)に大きく分けられます。神経性食思不振症(拒食症)は、食べることを極端に少なくし、体重が増えることを恐れ、低体重を維持しようとする行動が目立つ病気です。神経性大食症(過食症)は、一度に大量に食べてしまい、そのことを非常に後悔し、気持ちが「ゆううつ」になって、食べたものを外に排出する行動が目立つ病気です。これらの摂食障害の症状として�... [続きを読む]

受信: 2006.11.19 11:03

» 本来のダイエット法 [ダイエットの根本の理解]
ダイエット法と聞いて、なにを連想されますか?ダイエットの本来の姿とは何かについて、あなたに知っていただきたいと思います。間違ったダイエットで、お困りにならないための根本的な知識をまずはご理解いただきたいと思います。ご存知ですか?ダイエットの根本は、カロリー・コ�... [続きを読む]

受信: 2006.12.04 17:24

» ペットの病気のサインを見逃すな! [ブログでお得な無料情報]
ペットはあなたの大切な家族の一員ですよね。でもペットは幼児と一緒でしゃべれないので病気のサインを飼い主がわかってあげなければなりませんよね。どうすればペットの病気のサインを知るのかというと・・・・。 [続きを読む]

受信: 2006.12.06 20:03

» うちの猫も「ペット活性酵素液」で元気になりました。 [地球家族2020公式ホームページ]
うちの猫も元気になった「ペット活性酵素液」を紹介します!ぜひ、あなたの犬や猫にためしてください。 [続きを読む]

受信: 2006.12.18 07:08

« 避妊手術 | トップページ | Capriカレンダー2007 »